2015年9月29日火曜日

薄い用紙で高級感を出す印刷

会員誌などに同梱する広告で、
郵送料の関係から、用紙の斤量(紙の厚さ)が制限される場合があります。

今回も極力薄い紙を使い、なおかつ高級感を出したいとの依頼がありました。

内容はイベントの招待カードなのですが、
紙を薄くすると、やはり高級感が無くなります。
かなり良い用紙を使っても、映画のチケットのようになってしまいます。

そこで、紙に凹凸のあるエンボス紙に印刷しました。
(用紙は、パムスの100kg)

掲載の写真では、分かりにくいかもしれませんが、
特色のゴールドと紙の凹凸が、何とも言えない雰囲気を出してくれました。

凹みがある分、発色が悪くなりますが、
薄い紙で高級感を出すには、お勧めです。

2015年7月14日火曜日

高級感は相手のファッションを見ろ

クライアントとの打ち合わせ時に
チラシの表面のデザインなど
「高級感」を求められる時が多々あります。

クライアントの担当者にラフデザインを見せた時

担当者:「あー。いーですねー! 何というか高級感がありますね」
私:「ありがとうございます! それではこのデザインで進めます」

その時、社長が打ち合わせルームに入ってきて

社長:「デザインをみせて」
    「うーん。もっと高級感を出してよ」
担当者:「そーですよねー。私もそう思っていました」
    「もう少し高級感を出して、再提出して下さい」
私:「………し、承知しました−!」

というような事もありました。

担当者の柔軟な発想を、今は検証しようとは思いませんが、
そうなんです。「高級感」は人によって全く違うんです。

提出したチラシは、マンションの折り込みチラシデザインで
白地に、マンションの外観をボカシを使ってふわっと入れて
花の画像と合成したモノ。

普段お世辞を言わない、堅物の「デザイナーA」も
「オー。素敵ですネー」と言っていたので
かなり自信を持っていたのですが、
クライアントの社長には「ピン」とこなかったようです。

これも高級感











これも高級感



















こんな事を何度も繰り返し、的を得た「高級感」を出すために
気づいた事があります。

それは「相手のファッションを見ろ」です。

その時の社長のファッションは、
ストライプ入りの「どこぞ」のダブルスーツ、色は濃紺

ネクタイは、これまたストライプの入った臙脂
金のネクタイピン(ダイヤ?付)、カフスも金!

靴は磨き上げられた、黒のストレートチップ
ヘアスタイルは、殺気を帯びたパンチパーマ

そして、車はトランクに人を入れやすそうな大きなメルセデス!

そして私は、上記の内容から分析して
少しテクスチャの効いた、黒地にゴールドをアクセントにした
これ以上おっかないマンションは無い」と言う感じのデザインを提出したところ
社長からは絶賛されました。

ちなみに、この会社とは長いおつきあいを今でもさせていただいています。







2015年5月15日金曜日

ホログラム箔と特色

久しぶりに、ちょっと仕様に凝った招待カードをつくりました。
地色が特色のメタリック、キャッチ部分がホログラム箔という贅沢な仕様。

贅沢な分、かなり存在感があります。

10年ぐらい前までは、この手の仕様はよく作りましたが、
最近では、珍しくなりました。
40歳以降のデザイナーなら、反応していただけるのではないでしょうか(笑)。




2014年5月12日月曜日

リノベーションの現場を見ました

リノベーションマンションの広告に携わる事になり、
現地を見てきました。

興味の無い人は、リノベーションは、リフォームに毛が生えたぐらいの中古物件だと思っていると思いますが、

実際は、壁等全て剥がしてコンクリートの駆体をむき出しにし、
自由な設計で、施工できるようです。

写真のように、金属のフレームを設置して壁を新たに作ったり、ダウンライトを埋め込んだりします。

キッチンや浴室も配管をのばせば位置を変える事ができるようです。

完成後のモデルルームもお邪魔しましたが、中は体感的に新築と変わりません。

価格が安く販売できるため、新しいマンションの選択肢としてリノベーションマンションはこれから増えていくと思います。

御殿場市内の物件です。
http://www.itazuma.info

2014年1月7日火曜日

来場促進プレゼントもターゲットを考える

新築マンションのチラシ等で、来場促進プレゼントをよく見かけます。
フィットクリエイションでも、クリスマスに向けて来場プレゼント掲載したチラシを作成させていただきました。

新築マンションのターゲットは、ごくごく狭いエリアの30歳〜40歳代ファミリー層がメインのターゲット。

今回の企画は、販売センターに来ていただき、アンケートをご記入いただくと、すぐ近くのケーキ屋さんのクリスマスケーキ引換券をプレゼントする内容。
地元のケーキ屋さんと交渉してご協力いただきました。

この企画のメリットは
ケーキの引換券ですので、ケーキを予約して後日に受け取りにいくため、ごくごく狭いエリアのお客様をターゲットにできる。(見込み客に合っている)

ケーキは予約制ですので、在庫を抱えない(無駄な在庫が必要なく、予算を有効に使ってプレゼントを高額にできる)

もちろんクリスマスの時期ですので、相乗効果もあり、予想以上の来場がありました。

いっしょに来場された、子供たちには無条件で、お菓子の入ったクリスマスブーツをプレゼント。

来場プレゼントの予算は、限界があると思いますが、ターゲットとタイミングを考えて、実行すれば、効果は大きくなります。




2013年12月2日月曜日

模型の人形を使った画像

パンフレットを制作時に、ストックフォトの立体人形画像を探す事がよくありますが、なかなかイメージに合った画像が見つからず、あきらめていましたが、
先日テレビのちょっとしたニュースで、模型用の人形がある事を知り、探し当てました。

建築物の模型制作時に、人物イメージとして使うものですが、これがなかなか良くできています。

紙の質感がよく、ライトをあてるといい感じにシャドーが出てなんともいえない雰囲気になります。

ちなみにアップした画像の人形は、高さ15mm程度。

渋谷東急ハンズで売ってました。

2013年1月24日木曜日

夜景の眺望撮影しましたが・・・



前回のアップから大分日にちがたちましたが、
夜景の眺望撮影結果をアップしたいと思います。

上が撮影した画像。下が加工を施した画像です。

11月半ばの撮影でしたので、某メーカーのあったかいアンダーウエアを着込み

浦安方面テーマパークの花火を入れるため、
花火が上がる定刻の30分前からスタンバイ。

カメラマンのN氏は、大した人物で
タダでさえ足がすくむ11F建設現場の足場に
さらに脚立を設置し、その上に上がりカメラを構えました。

まるで、宇宙と交信するようなポーズで寒空の中待つこと約30分。

そして定刻の5分前、

私「Nさん5分前です!」

N氏「準備OKです!」

私「Nさん1分前です!」

N氏「いつでもOKです!」

私「時間になりましたー」

N氏「はあーい」

私「5分すぎました」

N氏「おくれてますねー?」

私「じゅ、10分たちました〜」

N氏「・・・・」

私「に、に、20分たちました・・」

N氏「へーくっしょん!」


後で調べましたが、その日は強風のため花火が中止になったのです。

という訳で、下の画像に小さく写っている花火は後から合成したものです。
このように広告写真は完成されていきます。

カメラマンのNさん。ありがとうございました。