2014年5月12日月曜日

リノベーションの現場を見ました

リノベーションマンションの広告に携わる事になり、
現地を見てきました。

興味の無い人は、リノベーションは、リフォームに毛が生えたぐらいの中古物件だと思っていると思いますが、

実際は、壁等全て剥がしてコンクリートの駆体をむき出しにし、
自由な設計で、施工できるようです。

写真のように、金属のフレームを設置して壁を新たに作ったり、ダウンライトを埋め込んだりします。

キッチンや浴室も配管をのばせば位置を変える事ができるようです。

完成後のモデルルームもお邪魔しましたが、中は体感的に新築と変わりません。

価格が安く販売できるため、新しいマンションの選択肢としてリノベーションマンションはこれから増えていくと思います。

御殿場市内の物件です。
http://www.itazuma.info

2014年1月7日火曜日

来場促進プレゼントもターゲットを考える

新築マンションのチラシ等で、来場促進プレゼントをよく見かけます。
フィットクリエイションでも、クリスマスに向けて来場プレゼント掲載したチラシを作成させていただきました。

新築マンションのターゲットは、ごくごく狭いエリアの30歳〜40歳代ファミリー層がメインのターゲット。

今回の企画は、販売センターに来ていただき、アンケートをご記入いただくと、すぐ近くのケーキ屋さんのクリスマスケーキ引換券をプレゼントする内容。
地元のケーキ屋さんと交渉してご協力いただきました。

この企画のメリットは
ケーキの引換券ですので、ケーキを予約して後日に受け取りにいくため、ごくごく狭いエリアのお客様をターゲットにできる。(見込み客に合っている)

ケーキは予約制ですので、在庫を抱えない(無駄な在庫が必要なく、予算を有効に使ってプレゼントを高額にできる)

もちろんクリスマスの時期ですので、相乗効果もあり、予想以上の来場がありました。

いっしょに来場された、子供たちには無条件で、お菓子の入ったクリスマスブーツをプレゼント。

来場プレゼントの予算は、限界があると思いますが、ターゲットとタイミングを考えて、実行すれば、効果は大きくなります。




2013年12月2日月曜日

模型の人形を使った画像

パンフレットを制作時に、ストックフォトの立体人形画像を探す事がよくありますが、なかなかイメージに合った画像が見つからず、あきらめていましたが、
先日テレビのちょっとしたニュースで、模型用の人形がある事を知り、探し当てました。

建築物の模型制作時に、人物イメージとして使うものですが、これがなかなか良くできています。

紙の質感がよく、ライトをあてるといい感じにシャドーが出てなんともいえない雰囲気になります。

ちなみにアップした画像の人形は、高さ15mm程度。

渋谷東急ハンズで売ってました。

2013年1月24日木曜日

夜景の眺望撮影しましたが・・・



前回のアップから大分日にちがたちましたが、
夜景の眺望撮影結果をアップしたいと思います。

上が撮影した画像。下が加工を施した画像です。

11月半ばの撮影でしたので、某メーカーのあったかいアンダーウエアを着込み

浦安方面テーマパークの花火を入れるため、
花火が上がる定刻の30分前からスタンバイ。

カメラマンのN氏は、大した人物で
タダでさえ足がすくむ11F建設現場の足場に
さらに脚立を設置し、その上に上がりカメラを構えました。

まるで、宇宙と交信するようなポーズで寒空の中待つこと約30分。

そして定刻の5分前、

私「Nさん5分前です!」

N氏「準備OKです!」

私「Nさん1分前です!」

N氏「いつでもOKです!」

私「時間になりましたー」

N氏「はあーい」

私「5分すぎました」

N氏「おくれてますねー?」

私「じゅ、10分たちました〜」

N氏「・・・・」

私「に、に、20分たちました・・」

N氏「へーくっしょん!」


後で調べましたが、その日は強風のため花火が中止になったのです。

という訳で、下の画像に小さく写っている花火は後から合成したものです。
このように広告写真は完成されていきます。

カメラマンのNさん。ありがとうございました。



2012年11月14日水曜日

高い場所で、目がかすんだロケハンの話

マンション広告の眺望写真撮影の下見で、江戸川区建設中マンションの11Fに上りました。
物件からディズニーランドとその花火が見られるということで、
夜景を撮影する為の準備です。

中央奥に小さく見える岩山のような所が、「なんとか」というアトラクションのようです。

実際に建築中のマンションに上ると、私は特に高所恐怖症でもありませんが、
かなり厳しい状況になりました。

片手にカメラを持っていますので、頼れるのはもう一方の手。
かなり力を入れて足場のパイプを握っていますので、なかなか前に進めません。

建築士の方から、何やら話しかけられているのですが、BGMにしか聞こえず「はぁ〜」とか「え〜」とか言うのがやっと。

さらに、どういう訳かカメラのモニターがぼやけて見えない?
無意識に体が、拒否反応を示したのでしょうか。

やっとのことで、何カットか資料撮影に成功しました。

広告制作では、撮影の下見がちょくちょく発生します。
このへんの段取りをしっかりすることで、仕上がりに違いがでます。

次回この場所からの夜景をアップ予定です。




2012年8月2日木曜日

オープンキャンパスに便利なホテルサイト

大学オープンキャンパスとJRのホテルを紹介したサイトを制作しました。

遠方から東京の大学オープンキャンパスに参加するためには、宿泊が必須ですが、
正直なところ、東京に不慣れな遠方の学生には宿泊に不安があると思います。

今回紹介したJRのホテルは駅に直結しているか、隣接している便利な立地なので、
おっかない繁華街を通ったり、道に迷ったりすることが、まずありません。
精神的に、とってもラクですね。

28校の大学オープンキャンパスも紹介していますので、是非一度ご覧ください。

2012年1月30日月曜日

パンフレットとウェブサイトを同時にデザインするということ

パンフレットのお仕事の受注と同時に、ウェブサイトの制作を依頼されることがあります。
この流れは、いろいろな意味で仕事を出す側、受ける側にとって非常に効率が良いです。

まずは、パンフレットで作り込んだ画像や、図表、イラスト等がそのまま流用できること。
別々の会社に発注ではないので、2次使用料金の発生など、ややこしい事がありません。

そして何よりスピードがメリットです。パンフレットで作ったデータをweb制作の別会社に送る事など多々ありますが、アプリケーションのバージョン相違の問題、解像度の問題、中途半端な言葉足らずの伝達で、何度もデータを送り直すなど諸問題は、同一社内でしたら何も発生せず、結果的に制作時間の短縮につながります。

写真のパンフレットは「フクシア合同会社」様の医療ファンドパンフレットです。パンフレットとウェブサイトを同時に依頼されたため、パンフレット納品2〜3日後には、ウエブサイトをアップいたしました。

フクシア合同会社様ウェブサイトはコチラ→http://www.fukushia.jp/